Category Archives: 賭け

野球

欠かせないNPB野球ベッティングの2つのコツ

野球のベッティングは日本の野球の試合をもっと面白くするすばらしい方法。ベットするチームの選択方法は?あなたはコインフリッパー?それともランダムにチームを選びますか?野球ベッティングのコツを少し共有したいと思います。チーム決定の時にぜひ活用してください。野球シーズンで最高なことは、多数のベッティングのチャンスがあること。1年でそれぞれのチームが146試合プレイします。つまり、シーズン中ほぼ毎日ベッティングをするチャンスがたくさんあるということです。

コツその1:ピッチャー

まず、ピッチャーだけにベットしないこと。試合には有力なピッチャーが何人もいるので、ゲームすべてを投げ切ることは滅多にありません。ひとりのピッチャーが1試合で投げる平均イニングは、6~7イニング。各チームのブルペンがよくプレイを始めます。そこで本当にいいピッチャーが出て来ていい感じだったのに、勝敗がつかないとか、負けるのをどれほど見たことがありますか?かなりよくあることなんです。これについて考えてみましょう。ほとんどのピッチャーは1シーズンで33~35回先発します。すばらしいピッチャーなら1シーズンで17~20勝するでしょう。それでも勝てなかった先発が50%ほどとなります。負けていないかも知れませんが、勝敗がつかなかったということです。確かにピッチャーを考慮したいとは思いますが、ほどほどに。そのピッチャーは試合の60%までコントロールするのだと想像してみましょう。では他の40%は?

コツその2:連敗

どれだけ試してみても、ただチームにベットすることはやめましょう。連敗になるからです。すべての連続が終わると、しばらくの間は進むことができる人もいます。多くの野球のベッターは毎年お金を失います。誤った方法で連続を追うからです。負けるたびにベットを増やすという間違いも度を増します。

連続でベットするなら、ベットしましょう。例えば、ひとつのチームが5試合連勝した場合には、相手は5試合連敗したということです。他の要因を使って決定できない場合には、勝者のチームを選びましょう。10連勝、10連敗するチームなんていますか?ベットしましょう。15は?もちろんしましょう。チームの連敗を正当化しないようにしましょう。負けているチームにベットする理由が他にあるなら、それならいいでしょう。

NPB野球ベッティングのコツは2つあります。ベッティングを強化する手助けになるはず。他にも無数にありますが、この2つのことが野球のベッターの間でごく普通にある間違いに焦点を置いていることです。スポーツのハンディキャッピングは科学。うまくなるためには、練習と試合の特定の細部に集中することが必要です。

バスケットボール

上級レベルのバスケットボールベッティング

この記事を読んでいるなら、成功するスポーツベッティングはスポーツに関してではなく、こなした数に関することであると、賭けのキャリアでこの点については恐らく気づいているでしょう。上級のバスケットボールベッターであると考える人のためにいくつかコツを見て行きますが、一般的なルールを念頭に置いておきましょう。

大物は忘れる

上級のオンラインバスケットボールベッティングで一番大事なルールは、メジャーは放っておくということ。ここではNBAのことだけを話しているわけではりません。トップランキングのカレッジチームもリストからも削除したいでしょう。

カレッジバスケットボールにベットする際にも、ハンディキャップから最高のチームを除外する必要があります。繰り返しますが、最高のプログラムを備えた学校は、毎年のように矛盾がない傾向にあって、記録やラインで反映されています。上級バスケットボールベッティングの大金は、中小レベルのリーグ。毎回、知識が心を負かします。

ラインを追跡

最初のジャンプの前にラインを追跡する際には、上記のルールを念頭に置いておきましょう。弱小チームに関わる試合のラインのどんな大きな動きでも、何かが進むという意味になります。ブックは、詐欺で行われた、またはケガのためにベットを調整しています。いずれの場合でも賢いベットをするのに役立つ大きな情報を見ていることができます。

東部標準時の午後6~7時の間のラインの動きもカレッジボールのバスケットボールベッターに重要です。カレッジバスケットボールは東海岸の方で人気があるからです。ファンもベッターもゲームの知識をもっと備えています。東海岸の試合のオープニングと情報は一般的には、何かが進行中であるということを意味し、ベッターは適切に調整すべてきです。

統計

ええ、他のスポーツベッティングの形式と同じように、上級のバスケットボールベッティングには、多くの統計形式が伴います。ベッティングに利用する最高の統計は、チームの勝利/敗北記録や従来の他の数字の追跡ではありません。

代わりに、スプレッドに対してチームがいかにうまく果たしたかということを示す統計を探しましょう。メトリクスとしても知られている高度な統計も見るべきです。メトリクスはゲームごとではなく、分刻みでチームの効率性を測定します。スポーツジャーナリスト、コメンテイター、ベッターもそのままのパーセンテージを提案するよりもチームの価値や可能性に関してより素晴らしい指標であると断言しています。